白髪ケアの基礎知識

泡カラーの白髪染めは痛む!ダメージの理由と対策方法

2022年5月2日

泡カラーの白髪染めは痛む!ダメージの理由と対策方法

この記事では「泡カラーの白髪染めは痛むのか?」についてまとめています。

今使っているのは泡タイプの白髪染めだけど痛む?

泡カラーが痛む原因って何?

という悩みを解決します。

泡タイプの白髪染めが、簡単に染められるから便利ですよね。しかしながら、意外と知られていないデメリットもあります。

そこで、髪がパサパサして痛んできたと感じる方に泡カラーのメリット・デメリットをお伝えします。

この記事がおすすめな人

  • 泡タイプの白髪染めで髪が痛んできた
  • どうして髪が痛むのか知りたい
  • 髪が痛まない方法が聞きたい

泡カラーの白髪染めが痛む理由

市販の白髪染めの泡タイプのカラーは、クリームタイプよりも髪や頭皮が痛みやすいです。なぜなら、市販の泡カラーは強い刺激があり髪全体に広がりやすく頭皮にもスルスルついてしまいます。

頭皮に泡カラーが行き渡ると、界面活性剤の働きでジアミンなどのアレルギー物質を吸収してしまい、白髪染めによるアレルギーを引き起こしやすくなってしまう危険性が!!!

よく考えてみると、美容室で泡カラーの白髪染めって見かけませんよね。私も何度か美容室で白髪染めをしていますが、クリームを調合してくれます。

髪のプロフェッショナルである美容師さんが泡カラーを使わないので、私たちも避けた方がいいですね。

泡カラー白髪染めのメリット

市販の泡カラーのメリットは、どんなものがあるのか紹介します。

メリット

  • 値段が安い
  • 簡単に塗布できる
  • キレイに白髪が染まる

どこでも買える市販の泡カラーは、安いのでお財布に優しいというのが最大のメッリトだと思います。また、クリームタイプとは違い刷毛を使わないので、短時間でキレイに染めることができます。

泡カラー白髪染めのデメリット

泡カラーの白髪染めは、髪が痛むほかにデメリットはないのか調べてみます。

デメリット

  • リタッチができない
  • 脱色剤入りで強い刺激がある
  • 安いので髪に悪いと分かっていても買ってしまう

市販の泡カラーはデメリットが大きいと知っていても、値段が安いのでついつい同じ白髪染めを使ってしまうという依存になりやすい!

もし、手頃な値段で安心して使える成分の泡カラーがあれば、使ってみたいと思いますよね。そこで、安心で安全な泡カラーの選び方をお伝えします。

痛みにくい泡カラー白髪染めの選び方

どうしても白髪染めは泡カラーにこだわりたい方は、脱色剤不使用を選んでください。なぜなら、脱色剤が入った泡カラーだと髪や頭皮へのダメージが大きいからです。

ちなみに、市販の泡カラーの白髪染めには脱色剤が含まれています。そのため、ドラッグストアや薬局で購入した泡カラーには脱色剤が入っていと、どんどん髪がボロボロになってしまうんです。

それじゃ、脱色剤フリーの泡カラーってどこで買えるの?

美髪研究員

ネット通販で、脱色剤フリーの白髪染めが売ってるのよ!

脱色剤フリーの泡カラーはコストがかかってしまうので店頭販売にした場合、売価が高くなってしまうためネット販売に限定しているんです。

頭皮や髪が痛まない白髪染めの種類

髪のダメージがひどいと「痛まない白髪染めってないの?」思いますよね。実際に、テレビCMで見かける一般的な白髪染め(アルカリカラー)を使わなければ、髪のダメージは軽減できます。

市販の泡カラーや2剤式のクリームタイプは、脱色剤やジアミン系の成分が配合されているので安く購入できますが、デメリットとして髪や頭皮へのダメージが大きいんです。

具体的にいうと、白髪染めシャンプーや白髪トリートメントなどの半永久染毛料で染めればいいんです!!!

髪や頭皮のダメージを抑えたい、白髪が少ない、美容室までのつなぎとして白髪をごまかしたいという方に人気があります。

市販の泡カラーは今後の使用を再検討!

この記事では「泡カラーの白髪染めは痛むのか?」についてまとめました。ここで、記事の内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 市販の泡カラーは脱色剤入りでダメージが大きい
  • 泡カラーはネットで脱色剤フリーを選べば痛みにくい
  • 通販の泡カラーよりも白髪染めシャンプーやトリートメントの方が痛まない

人の見た目は1に顔、2に頭髪の印象によって決まると言われています。白髪があると実年齢よりも+4歳老化して見えるので、人間関係でも損をしますよね。

ですから、髪はツヤツヤで10代の頃のような美髪を作りたい♪そうすれば、「最近若々しくなったけど、何かあった?」なんて言われて、内心すっごく嬉しくなったり。

理想の髪になるため、白髪染めはしっかり選んで触りたくなるようなツヤ髪を手に入れましょう。