白髪染め

安い白髪染めおすすめ7選!しっかり染まってダメージが少ない2,000円以下限定

2022年8月17日

美容室での白髪染めがお財布に負担になってきた…

安くて良く染まる白髪染めがほしいんだけど!

という悩みに答えます!

白髪が目立つと老けて見えるから、少しでも伸びてきたら安い白髪染めでキレイに隠したいですよね。

しかしながら、安さを重視して市販の白髪染めを使っていると髪や頭皮へのダメージが強いので、薄毛やアレルギーの原因にも!!!

薄毛になるとサプリを飲んだり、クリニックへ相談に行ったりと大きな出費になり困ります。

私は20種類以上の白髪染めを試して、安い白髪染めでも無添加であれば髪や頭皮に優しく染められることを知りました。

この記事では、ダメージの少ない安い白髪染めが分かるので節約しながら髪を労わって染める手段が分かります。

髪が黒くなりツヤツヤになって、お財布にも優しいから手放せなくなります♪

他では読むことができない、安い白髪染めを選ぶコツや比較表などをお伝えします。

私は安い白髪染めを厳選した結果、以前より印象が若返って旦那さんがゴミ出しをしてくれるようになり、浮いたお金でランチにデザートを追加して楽しむようになりました♪

この記事がおすすめな人

  • 安い白髪染めで失敗したことがある
  • 安くてもしっかり白髪を染めたい
  • 節約したいけど髪のダメージはおさえたい

安くてもしっかり染まってダメージが少ない白髪染めの選び方

安い白髪染めでも妥協できないのは、しっかり染まること、髪がボロボロにならないことですよね。

そうそう、どんな安くても染まりが悪かったり髪がキシキシになっちゃうのはダメね!

そこで、安い白髪染めを選ぶコツは以下の通りになります。

選び方

  • しっかり染まる白髪染め
  • 髪へのダメージが少ない白髪染め
  • 金額は2,000円以下

それぞれ、詳しくみていきましょう。

しっかり染まる白髪染め

安い白髪染めだからといって染毛力が低いと、イメージしたように白髪が隠れないので染毛力は重要です。

手軽に購入できる市販品は安くて良く染まりますが、髪へのダメージが強く1回でも染めた部分はほぼ修復不可能なほど傷んでしまうので、美髪研究としてはおすすめしません。

髪へのダメージが少ない白髪染め

先ほど市販の白髪染めは、安いが髪へのダメージ大きいとお伝えしました。

髪や見た目の印象を考えると、市販で安い白髪染めはデメリットが大きいです。

なぜなら、安いので原材料費がかけられず化学物質が多く配合されていますから、美髪の守護神であるキューティクルを破壊して着色しています。

ですから、髪や頭皮のことを真剣に考えたい40代以降の方には市販はおすすめできません。

髪のエイジングケアをしない場合、どんどん髪が細くなり薄毛の原因にも!!!

金額は2,000円以下

美容室での白髪染めは、おおよそ6,000円。白髪染め専門店では、おおよそ3,000円です。

ですから、自宅で使う白髪染めを2,000円以下におさえればコスパが良くなります。

安い白髪染めおすすめ

  ビーリス エールボーテ ヘアリシェ ヘアージュ
  KURO
クリームシャンプー
クレイスパ
カラートリートメント
ビーリス
エアリーカラーフォーム
エールボーテ
ヘアムースカラー
ヘアリシェ
ナチュラルエアリーカラー
へアージュ
ヘアカラーフォーム
クローシア
種類 半永久染毛料 半永久染毛料 永久染毛剤 永久染毛剤 永久染毛剤 永久染毛剤 半永久染毛料
タイプ 白髪トリートメント 白髪トリートメント 白髪シャンプー
特徴 ジアミンフリー ジアミンフリー 色持ちが良い 色持ちが良い 色持ちが良い 色持ちが良い ジアミンフリー
2色 3色 2色 2色 2色 2色 1色
定期初回 1,480円1本 1,980円1本 1,980円1本 1,980円1本 1,980円1本 1,750円1本 1,548円1本
解約 いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK
返金・返品保証 あり あり あり あり あり あり なし
公式HP  詳しくはコチラ 詳しくはコチラ  詳しくはコチラ  詳しくはコチラ  詳しくはコチラ  詳しくはコチラ  詳しくはコチラ

安い白髪染めでも厳選すればよく染まって髪がツヤツヤに!

この記事では「安い白髪染めおすすめ」についてまとめました。ここで内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • 安くても染毛力は妥協しない
  • 値段だけを優先すると刺激が強く薄毛の原因にも
  • 店舗での白髪染めよりも金額が安い2,000円以下で選ぶ