白髪染め

白髪染めジアミンアレルギーでも安心!おすすめ7選

2022年1月19日

白髪染めで肌荒れしたんだけど、他にいいやつない?

ジアミン無添加の白髪染めは何があるの?

という悩みを解決します。

若々しい美髪をつくるために、せっかく白髪染めをしたのに肌荒れすると、すっごくストレスになりますよね。

そこで白髪に注目したヘッドマッサージ施術が得意な美髪研究員の私が、「ジアミンアレルギーでも安心のおすすめ」についてお伝えします。

この記事がおすすめな人

  • ジアミンアレルギーの人
  • ジアミン入りの白髪染めが心配
  • ジアミンの毒性が知りたい

ジアミンアレルギーの人が白髪染めを選ぶ時の注意点

白髪染めで頭皮に違和感や不快な症状が出た方は、白髪染めの選び方に気を付けて下さい。

この前、白髪を染めたら頭皮がピリピリしたんだけど、どうすればいい?

美髪研究員

頭皮がピリピリするのは、軽度の白髪染めジアミンアレルギーの可能性があるので、使う白髪染めを見直した方が安全!

選ぶ際の注意点は、以下の3つです。

注意点

  • 市販の白髪染めはアレルギーの原因となる成分が多いので控える
  • 白髪染めのアレルギーはジアミン系染料が多い
  • 白髪ケアはジアミン無添加を選ぶ

それぞれ、詳しくみていきましょう。

市販の白髪染めはアレルギーの原因となる成分が多いので控える

白髪染めで頭皮に違和感があったなら、市販品は控えた方が安全です。

なぜなら、ドラッグストアやスーパーで手軽に購入できる白髪染めにはアレルギーの原因となるジアミン系染料が大量に配合されているから!!!

市販品の成分表を解析すると、有効成分の2番目くらいにジアミン系染料が表示されるほど多く入っています。

ですから、市販に使用説明書には次のような注意書きもあります。

市販品の注意書き

  • 今までヘアカラーでかぶれたことのある方は、使用しないでください。

そのため、「白髪染めアレルギーかも…」と気になった方は、症状が悪化する危険性が高いので市販品は使うことができません。

白髪染めのアレルギーはジアミン系染料が多い

白髪染めアレルギーは、ジアミン系染料によって起こっています。

アレルギー性接触皮膚炎の最も重要な原因物質は、染毛剤成分のパラフェニレンジアミン

出典元:労災疾病等医学研究普及サイト
美髪研究員

私は美容室で白髪染めをしても、頭皮がピリピリして痛かったことも!

安全だと思っている美容室での白髪染めは、パッケージや成分を確認しないのでジアミン入りの可能性もあります…

美容師さんは白髪染めの前処理を丁寧に行えば、症状が出にくいとか頭皮に付かないように染料を塗布すれば大丈夫といいますが一番安全なのはジアミン無添加なんです!

ですから、白髪染めを選ぶ時はジアミン無添加の種類を選んでください。

ジアミン無添加の白髪染めの種類

白髪染めの種類でジアミン無添加で人気なのは、半永久染毛料で白髪染めヘアカラートリートメントとも呼ばれています。

白髪染めヘアカラートリートメントはジアミン無添加だけでなく、塩基性染料やHC染料をイオン吸着させるので髪を傷めずに着色できます。

白髪染めジアミンアレルギーおすすめ比較

敏感肌やアレルギーでも白髪を染められる、白髪染めトリートメントのおすすめを比較してみました。

  KUROクリームシャンプー ブラトリ クレイスパカラートリートメント クロヴィア クローシア グローリンワンクロス マイナチュレ
商品名 KURO
クリームシャンプー
ブラトリ クレイスパ
カラートリートメント
クロヴィア クローシア グローリンワンクロス マイナチュレ
種類 半永久染毛料 半永久染毛料 半永久染毛料 半永久染毛料 半永久染毛料 半永久染毛料 半永久染毛料
タイプ 白髪トリートメント 白髪トリートメント 白髪トリートメント 白髪トリートメント 白髪シャンプー 白髪シャンプー 白髪トリートメント
特徴 ジアミンフリー ジアミンフリー ジアミンフリー ジアミンフリー ジアミンフリー ジアミンフリー ジアミンフリー
2色 2色 3色 2色 1色 2色 2色
定期初回 1,480円1本 2,178円2本お届け 1,980円1本 2,230円2本 1,548円1本 3,960円1本 2,980円1本
解約 いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK いつでもOK
返金・返品保証 あり あり あり あり なし あり あり
公式HP  詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ  詳しくはコチラ 詳しくはコチラ 詳しくはコチラ

白髪染めジアミンアレルギーで知っておきたいこと

こちらでは、白髪染めのジアミンアレルギーについての疑問をまとめています。

ジアミンは毒性があって有害なのか?

白髪染め

ジアミンと呼ばれる「パラフェニレンジアミン」は、毒性があるため害があると週刊現代にて報道されたことがあります。

白髪染めに当たり前のように使われていながら、身体に深刻な影響を与える化学物質のひとつが、「パラフェニレンジアミン」というものだ。

出典元:週刊現代

私は白髪染めオタク歴5年、市販の白髪染めには有害だと言われているジアミンが良く使われていることを知った、白髪染め初心者の時はゾッとしました。

美髪研究員

白髪は隠したいけど、健康被害が出たら嫌だなぁ…

実際に美容室の白髪染めでも、肌荒れあったし。健康被害は避けたいよ…

ジアミン系の染料は、1991年にフィンランドで使用禁止となり、世界各国で使用が禁止されるという流れになっています。

しかし、日本ではドラッグストアや100円ショップの白髪染めに使われているんです!!!

ジアミンは発がん性があるの?

白髪染め

ジアミンの発がん性については、2018年ごろから注目されていることが分かりました。

「パラフェニレンジアミンはアレルギー反応で頭皮がかぶれたりするだけではありません。強い発がん性があるうえに、骨髄などに深刻な障害を与えることが明らかになっています。

東海大学教授の坂部貢氏

出典元:週刊現代

ジアミン系の化学物質は、黒く発色させるために必要なんですが、発がん性のリスクを負ってまでジアミン入りの白髪染め使う必要はないと思います。

また、市販の白髪染めに多いジアミン系の成分は「独立行政法人 製品評価技術基盤機構」でも、劇物として記載されています。

どうして、日本だけが使用禁止にならないのか理解できませんが、個人でジアミンフリー(不使用)の白髪染めを自由に選ぶことはできますね。

ジアミンの副作用は?

白髪染め 化学染料

ジアミンには発がん性だけでなく、他の影響もあるので豆知識として参考にどうぞ。

抜け毛になるの?

ジアミン入りの白髪染めを使うことで、直接的に抜け毛を誘発することはありません。

しかし市販の白髪染めには「酸化染料剤」という頭皮や髪にダメージが大きいアルカリ剤を使っているので、白髪染めが頭皮についてチクチクと痛むことがあります。

これは、頭皮表面のタンパク質成分を分解している最中だから!!!

美髪研究員

私が美容室で白髪染めをした時に、ピリピリして頭皮が痛かったのは 「酸化染料剤」 が原因だったのね…

頭皮を溶かしてまで白髪を染めるなんて辛いですよね。また、ジアミンは薬剤を塗った後に髪を黒くするために使われているので、根元が肌荒れの原因にもなります。

ですから市販の白髪染めに多い、ジアミンも酸化染料剤もダメージが大きいので結果的に抜け毛になりやすい。

頭痛になるのか

先ほど、市販の白髪染めに含まれるジアミンや酸化染料剤は頭皮や髪への負担が大きいとお伝えしました。

頭皮が刺激を受けるという事は、人によって頭痛に感じる場合もあるのでジアミンは気を付けたい成分です。

ジアミンの妊娠中における影響は?

妊娠中に使用したジアミン入りの白髪染めが、体内の赤ちゃんに悪影響があるとは基本的にないと考えられています。

しかし、体調の変化が大きい時期なので販売サイトでも、妊娠中の使用を控えるように注意書きがあります。

医学博士の浜中聡子先生も敏感な時期なので、できるだけ控えてほしいと伝えていますので、どうしても白髪染めをしたいママはジアミンフリーがおすすめです!

ジアミンは危険性が心配されて海外では使用禁止だった!

白髪染め

この記事では「 ジアミンは毒性があって有害なのか 」についてまとめました。ここで、記事の内容を振り返っておきましょう。

まとめ

  • ジアミンは海外で使用禁止の化学物質
  • 市販の白髪染めはジアミン入りが非常に多い
  • ジアミン無添加の白髪染めなら安心できる

髪の印象を若々しくしたいから、安価な市販の白髪染めを使うとデメリットが多いことが分かりました。

誰でも「この白髪染めって安いけど、本当は使いたくないんだよね…」と思いながら継続していると、蓄積されたダメージが危険です。

そこで、ガンなどの健康被害のリスクが少ないジアミンフリーの白髪染めを選べば、安心して白髪染めができまよ♪